2013年08月24日

韓国による竹島占領の経緯

1950年6月25日、朝鮮戦争勃発

1951年 朝鮮戦争の戦況が1月〜2月に悪化。在日米軍の大半を朝鮮半島に投入するケースが想定され、講和条約の前提条件として日本の再軍備が決定。自衛隊の前身の警察予備隊が発足。

サンフランシスコ講和条約
1951年(昭和26年)9月 8日 調印

1951年に韓国政府はアメリカ政府に対して日本が全ての権利・権原および請求権を放棄する地域に竹島を明記するよう要求した。これに対してアメリカ政府は「竹島は朝鮮の一部として取り扱われたことが決してなく、1905年頃から島根県隠岐庁の管轄下にあり、この島はかつて朝鮮によって領有権の主張がなされたとは見なせない」として韓国の要求を却下した。
(wiki)

外務省HPサンフランシスコ平和条約における竹島の扱い
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/g_sfjoyaku.html

1952年(昭和27年)1月18日、大韓民国大統領李承晩は李承晩ラインを一方的に設定して竹島を占領した。

サンフランシスコ講和条約
1952年(昭和27年)4月28日 発効 

1953年7月27日朝鮮戦争休戦


 サンフランシスコ講和条約が調印された直後、発効直前に一方的に占領。当時も今も韓国軍の指揮権は米軍にあるはずなのに米政府の見解は無視されている。自衛隊も出来た直後で対外戦闘能力はほとんどなく在日米軍は朝鮮戦争にかかりっきりで、そもそも米軍同士でやりあうはずもない。これはもしかしてかつて大英帝国がアラブ人とユダヤ人の両方にいい顔をして反故にした二枚舌外交の米国版なのではないのだろうか?米政府は日本領だと言い、在韓米軍は韓国軍による占領を黙認している。
posted by 武士 at 16:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月02日

そこ笑うとこ?

麻生副総理の「ナチス憲法」発言の音声


「あの手口を学んだらどうか」と言うところで笑いが起きているが、その感覚が分からないでいる。そこ笑うところなのか?
posted by 武士 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

波紋

ドイツのDPA通信は1日、「麻生氏は失言で知られている」と伝えた。

毎日新聞 8月1日

posted by 武士 at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。