2009年09月19日

馬渕副大臣が語る道路政策

馬淵氏は相当詳しいようだ。





posted by 武士 at 14:42| Comment(0) | 道路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

辻元清美国土交通副大臣の政策



それぞれの自治体が自分たちで優先順位を付けて使える交付金にします。道路を造りたい自治体は道路を造り、例えば大阪であれば、医療などを優先すればいい、というように。

http://www.kiyomi.gr.jp/vision/fair.html

公共事業はコンクリートから「ひと」へ。子育て・介護事業を推進。

http://www.kiyomi.gr.jp/i/sekkeizu.html

ひとと環境にやさしいまちづくりをめざして、公共交通の充実などにとりくみます。
また私は、学生時代から旅行企画を手がけてきました。観光にも力を入れて、地域地域のよさを伝えていきたいと思います。
http://www.kiyomi.gr.jp/blog/2009/09/19-1902.html

道路特定財源廃止、無駄な道路作り中止、公共交通機関充実という方向性は見えるが、具体策はこれからといったところか。ネットで捜しても情報は少ないようだ。どの程度詳しいのかもう一つよく分からない。

国交省は前原・馬渕・辻本とツッコミ系の濃いキャラが集まった布陣になった。それだけ官僚も手強いということか。

posted by 武士 at 13:28| Comment(0) | 道路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。