2013年09月03日

[遼寧」ドック入り

中国初の空母 不具合でドック逆戻り「スクラップか」の声も
2013.09.03
zakzak

3〜4年もドック入りという説もあるとか

というか本当に航空機が運用できるのかよく分からない。

中国は蒸気タービンエンジンや、さらに進んだガスタービンエンジンを製造する技術がなく、仕方なく遼寧に船舶用ディーゼルエンジンを積んだという。
 船舶用エンジンは馬力が劣るために、その最高速度は19ノット(35.2キロメートル)しか出せないのだ。

http://www.news-postseven.com/archives/20120930_146499.html

いくらスキージャンプ甲板でも速力が19ノットではジェット機が離陸可能かどうか怪しいし、カタパルトの技術は更に難しい。今さら輸送艦にも改造できなさそうだし、巨大ヘリ空母として使うのがせいぜいかも。
posted by 武士 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。