2010年08月28日

小沢首相なら普天間「国外移設」…!?

「小沢一郎首相」で普天間「国外移設」…川内氏
基地移設
 民主党の川内博史衆院議員は28日のTBS番組で、「小沢一郎首相」が誕生した場合、沖縄の米軍普天間飛行場移設問題では「国外移設」を主張することになるとの見通しを示した。


 川内氏は「小沢氏に6月、『(米)グアム・テニアン(への移設案)を説明してくれ』と言われ、説明した。小沢氏は『米国にまず話さなければいけない。(日米合意の)辺野古も、徳之島も無理だ』と言った」と述べた。小沢氏が「普天間は代表選の争点になる」と語ったことも明らかにした。


読売

本当にそれが出来たら小沢信者になってもいいとすら思うが、日米合意はついこの間のことと思うと、さすがに難しいように思える。米国はおそらく交渉のテーブルにつこうとすらしないだろう。ただ、現状のままでも日米合意の実行は不可能に近いので、小沢案のほうが現実的かもしれない。米国のメンツをたてつつ交渉できるのだろうか?米国人の能力は格差が大きい分、平均値は低くてもトップのレベルはずば抜けている。決して単細胞ではない。小沢氏はタフな交渉能力がありそうなイメージではあるが果たしてどうか?
posted by 武士 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 普天間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

役立つブログまとめ(ブログ意見集): 沖縄の負担軽減 by Good↑or Bad↓
Excerpt: 「沖縄の負担軽減」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
Weblog: 役立つブログまとめ(ブログ意見集)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
Tracked: 2010-09-06 09:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。