2010年04月14日

民主党には捕鯨推進派の議員が50人はいるらしい

実は情報公開が嫌いな民主党議員ら、捕鯨推進する議員名簿の公開拒否
2010年04月08日 07:23 JST

民主党「捕鯨対策議員協議会」の会長である小平忠正議員のHP 【PJニュース 2010年4月8日】クジラ利権の構図 水産ODAを餌に票買いか?からのつづき。

事業仕分けにより、調査捕鯨に対する海外漁業協力財団からの融資が少なくなった事に対し、水産庁捕鯨班は「事業仕分けによって海外漁業協力財団から融資が受けられなくなっても、他から融資を受ければいいわけですから問題ありません。民主党政府のINDEX2009でも調査捕鯨は商業捕鯨再開のために推進するとありますので」と余裕の発言をしている。「ただ政府の方から捕鯨を中止するという決定があれば、我々は役人ですから、その決定に従います」と言う。


http://www.pjnews.net/news/166/20100407_10

調査捕鯨に使う金があったら保育所でもつくればいいものを何を考えてるんだ。今や鯨は贅沢品なんだから無理して捕鯨続ける必要はない。
いっそのこと鯨税でもかけてみるか?タバコを高くなっても止めない人が多いように、鯨も絶対必要なら高額でも売れるだろう?




posted by 武士 at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鯨税、いいですね。せめてそうすべきですよね。年間10億円以上も関係ないその他大勢の国民の財布から賄われるのは、バカバカしくてかないません。
Posted by ネコ at 2010年04月15日 02:52
年間10億円あったら、どれだけのことが出来るのか考えると哀しくすらなりますね。ワクチンの何億人分?またはどれだけの食糧が買えるのか、その金で鯨肉じゃない食糧買うほうが、安全保障になりそうに思えます。
Posted by 武士 at 2010年04月20日 21:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。